調整ボルト方式(ジョイントタイプ)

車のボディの補強パーツの一つにタワーバーがあります。左右のサスペンションの取付部に装着して、サスペンション、ボディの剛性を強化します。このタワーバーには調整機構の有無により、2種類が存在します。調整機構の無いタイプは、サスペンションぼ左右を連結しているバーは1本の材料で製作されます。調整機構付きのタワーバーには、バーのセンターに、長さ調整用のボルトが入っている調整ボルト方式となります。この調整方式のメリットは、左右のサスペンションの連結時に、サスペンションの締結状態を自在に調整が可能という点です。調整を行うことにより、自分の好みのセッティングにする事が可能となります。デメリットは、調整機構無しのタワーバーと比較して、価格が高くなるという事です。これは、調整機構が追加になったのもそうですが、やはり、1本のバーと比較すると、どうしても全体の剛性が不足してしまうので、その分の補強も必要となるからです。調整式の使用上の注意点ですが、調整を行うのはボルトですが、調整完了後には、しっかりとロックナットによる固定が必要です。この作業を怠ると、走行中の振動で調整部が緩んでしまい、安全性に問題ガ発生してしまう場合があります。

コメントは受け付けていません。