タワーバーの種類

車の足回りのチューンナップとしてタワーバーというものがあります。
これはサスペンション同士を剛性のあるパイプでつなぐものです。
この効果はボディのねじれや歪みをなくして強いボディ剛性にするものです。
車はコーナーリングなどのとき重量があるためかなり強い重力がかかることになります。
特にスポーツカーなど足回りが硬いものはその重力や衝撃がダイレクトにボディに伝わっています。
その時にねじれや歪みがどうしても発生してしまうのです。
そのねじれや歪みを防いでコーナーリングなどを安定して回ることができるようにします。
またハンドリングも安定するといった効果もあります。
この種類としては大きく二つあります。ひとつは溶接固定式ともうひとつはネジ調整式です。
溶接固定式は高い剛性と得ることが出来るというメリットがあります。
ネジ調整式は車種ごとに微妙に調整が必要な場合、ネジで調整することができます。剛性としては固定式には劣ります。
またパイプの種類としては鉄やアルミニウム、カーボンやチタンなどがあります。
鉄が価格的にも安いというメリットはあります。アルミニウムは軽いというメリットがあります。
カーボンやチタンはより軽く強いというメリットがありますが、価格が高くなります。

コメントは受け付けていません。