ロールバーの種類

ロールバーは、車体が横転した時などに、搭乗している人間を保護するために車内に取り付ける金属製の骨組みで、ロールケージとも呼称されます。
主にラリーかーや、レーシングカーなど横転やクラッシュの危険性が高い競技用の車両に装着されることが多く、競技によっては安全性の確保から装着が義務付けられたものもあります。
また、一般の乗用車でもオープンカー仕様のものなどには、標準、あるいはオプション装備として用意されているものもあります。
特にオープンカーでは、搭乗者が社外に露出しているため、横転時の安全性は格段に変わってきます。
こういったロールケージは、使用される素材も様々で、強度や重量によって選択することが可能です。また、取り付けの方法も、ボルトなどを使用する場合と、車体に直接溶接する場合もあります。溶接での装着の方が強度がより確保でき、
また、車体の剛性も向上させる効果が得られます。
取り付けの際、車体と接地する点の数にも違いがあり、基本的な構造のものは4点での接地ですが、6点などのものになると、運転席のあるフロント部分まで保護することが可能です。このため、安全性の向上の他、剛性の確保にも大きな効果を得ることが可能となります。

コメントは受け付けていません。