NAタイプ・NBタイプ

ロードスターのようなオープンカーは横転したとき乗員が下敷きになる危険があります。万一に備えて、ロールバー(ロールゲージ)を装着していると安心です。ロールバーには4点、5点、6点とロールバーの点数によって違いがありますが、ロードスターのようなタイプであれば、4点で十分でしょう。NAタイプ用、NBタイプ用とありますが、NAであってもガラス幌にしている場合は、NBタイプのロールバーにします、そうしなければ帆をたたむことができないからです。

さて、ロールバーを装着すると、安全性や強度、さらにはねじれが減少することによるブレーキ性能などが増しますので、スポーツ走行を楽しむ場合やルーフのないオープンカーにとってはメリットが大変大きいのですが、ロールバーを装着することによるデメリットもあります。たとえば重量が増えてしまうというデメリットです。通常20キロ程度の重量増となり、軽さが重要なスポーツカーにとってその分不利になります。また、ロールバーを装着することによって室内が狭くなり、乗り降りにも苦労することになります。特に6点のロールバーはまさにゲージ状態で、乗り降りがかなり困難になります。このあたりは割り切る必要があります。

コメントは受け付けていません。