タワーバーとロールバーの役割

車のボディを補強する場合には、各種バーの追加が効果的です。サスペンション関係ではタワーバーの装着が効果があります。

 

これは、左右のサスペンションの頭部をバーで連結して、サスペンションの剛性を上げることが可能です。

 

フロント、リアに装着が可能となります。装着後は、ステアリングを左右に切った際の車の挙動が鋭くなります。

 

リアの追加により、追従性も向上します。ロールバーは、車体全体の補強の為に装着します。

 

車内四隅のフロアにバーを装着、溶接することにより、車体の構成が飛躍的に向上します。

 

 

また、ロールバーは、事故による車体の横転時にも、室内の生存空間の確保に効果的です。

 

車内へ鉄のバーが剥き出しになることは危険ですので、ソフトパッドを併せて必ず装着します。

 

装着時の注意点ですが、サスペンション関係では、左右を連結するので、片側の衝突時に、反対側へ衝撃を伝えてしまい、車体へのダメージが大きくなってしまうことです。

 

ロールバーに関しても、車体の剛性が向上した分、車体全体の逃がしが無くなってしまうので、一部部の衝撃が車体全体へと伝わってしまうことです。

 

ですから、各種補強バーの装着時には、これらのメリット、デメリットをよく考えましょう

 

 
ガリバー評判